快適に過ごせるお風呂のリフォーム

img-1

水回りは建物の中でも一番最初にリフォームが必要になりやすい箇所です。

産経ニュース情報はすぐに役立ちます。

もちろん、使い方次第でも変わってきますが、理想は10年に1度です。水の中にもカルキなどが含まれており、そういった物質が配管などを悪くさせる原因にもなっていますし、お湯を使うと、どうしても湿気が多くなり、カビなどの原因にもなるからです。


また、お風呂などの水回りは各社便利で使いやすいシステムをどんどん新しく作って来ています。


場合によっては、節水に繋がったり、快適に過ごせる工夫が沢山出ていますので、建物全体を長く使う為にも10年に1度リフォームを目安にすると良いでしょう。


そんなお風呂のリフォーム、より快適に過ごせる空間にしたいですよね。
お風呂の役割とは家族によっても違ってくると思いますが、体を清潔に保つ、体を温める、リラックス効果などが挙げられます。

また、家族構成によっては、朝入る方もいれば、夜入る方もいるといったように、お風呂を利用する時間にばらつきが出てくる場合がありま。


誰かが利用する都度追い炊き機能を使うとなると、その分ガスや電気代が掛かってきますので、保温効果の高い風呂釜を検討すると、良いでしょう。


また、雨の日などの洗濯物の乾燥に、浴室乾燥機があると大変便利です。体を温めると同時にリラックス効果もある、ミストサウナやジャグジー機能ががついている物もありますので、検討してみるのも良いでしょう。

プロのフローリング補修の情報収集がもっと楽になります。

新しい機能を効率よく取り入れて、より快適な空間を作りましょう。



関連リンク

img-2
風呂のリフォームでの注意点

風呂のリフォームは、浴室内や浴槽にカビやヒビが見られた場合や水が流れにくい場合、脱衣所の床がぶよぶよする場合、カビがなかなかとれない場合などに行います。特に、高齢者が住んでいる家庭の場合は、浴室の温度差が原因であるヒートショックによる死亡率が年々高まっていることから寒い浴室を暖かい浴室へと変えるリフォームを行うところもあります。...

more
img-2
足を伸ばせるお風呂にリフォーム

一日の終わりに疲れた体を癒すバスタイムはとても大切なものです。でも、浴室は湿気やタンパク汚れなどで頑固な汚れが付きやすく、家の中でもいたみの激しい場所になりがちです。...

more
top