翻訳会社の仕事について

翻訳会社の仕事は当然ながら文章の翻訳をすることになるのですが、実際に翻訳をしているのは翻訳会社の社員ではないことが多いというのを知っているでしょうか。

実際には、翻訳会社と契約を交わしたフリーの翻訳家が仕事をしている場合が多いのです。どうして正社員にしないのか、あるいはならないのかと思われることでしょうが、これにはもちろん理由があります。最も納得しやすい理由は、翻訳というのは基本的に個人ワークであり、会社という組織やチームで行わなければならない仕事とは少し異なるという点があります。チームワークがあまり必要でない以上、組織に縛られる必要もないわけです。

ここから派生することとして、翻訳の仕事は別にいつ行っても問題ありません。その人の都合がつく限り、夜中にしようが土曜や日曜に行おうが問題はないわけです。もちろん仕事である以上は締め切りはあるはずですが、そこまでに終わらせる限りは別に平日の朝9時から夕方5時までの間に仕事をしないといけない理由に乏しいです。

さらには、種々様々な仕事をこなす一般の会社員などと異なり、翻訳という仕事があれば作業はできますが、なければ全くの手持ち無沙汰になってしまいます。正社員にしているとそういう場合であっても給料を支払わないといけなくなるため、会社にとっては負担が大きいということも理由として挙げられるでしょう。フリーの翻訳家であれば、仕事に応じた報酬だけを支払えばよいからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *