翻訳会社には世界の言語と文化に精通したプロが在籍

英語と一括りにされていますが、英国と米国ではかなりスタイルが違っています。

英国でしか通用しない表現も多いです。翻って米国国内だけでしか正確に通じない言い回しは珍しくありません。さらに日本語でいうところの方言に相当するものが、米国にも存在しており、西海岸の地域と首都周辺では同じアメリカ流の英文でも、やはりスタイルに大きな違いが見られるのです。同じ英文でも執筆した方の暮らす地域、出身国によっては癖が強く表れます。英語力にある程度自信がある方でも、地域色が強いイギリス流の古典的な英文や西海岸特有の表現が多用されたビジネス文書を、スムーズに訳すのは大変です。

僅かな分量であれば、自力でなんとか和訳作業が完成させられるかもしれませんが大量に山積みになっている時は、翻訳会社に依頼した方が賢明です。実際に今日では多くの社会人の方が翻訳会社に依頼しており、費用対効果は抜群に良くなっています。翻訳会社には世界各国の言語と文化に精通したスタッフが多く在籍しています。

イギリス流の英文やアメリカ特有の方言が多用された文書なども、翻訳会社にお願いすれば綺麗に訳してくれますし、当然プロフェッショナルのスタッフが担当するので誤訳の心配はありません。英単語は使われている文脈や分野によって、想像以上に意味合いがころころと変化します。アマチュアではその解釈が難しく誤訳の危険性が出てきますので、大事なビジネス文書に関してはコストと手間を惜しまず翻訳会社に依頼した方が結果的に大きなメリットが得られます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *