これからの時代に翻訳会社との契約が必要な理由

これからの時代、日本はますます少子高齢社会になります。

商品を購入してくれるはずの生産人口が減っていくので、それに代わる買い手を探すことが企業としての至上命題と言えます。そこでターゲットとして上がるのが外国人労働者です。外国人労働者は年々増加しており、日本の物作り業界において重要な生産人口と言えます。ただし、彼らに商品を売るには英語か母国語でパッケージを刷新する必要があります。まずは手にとってもらえないとそもそも買う対象に入らないからです。

そこで翻訳会社の力を借りることになります。翻訳会社は主に翻訳機のソフトをサービスしています。翻訳会社が売るそのソフトさえパソコンにダウンロードすれば、今売っている商品をあっという間に外国人向けのパッケージに仕様変更できます。外国語さえ入力すれば後は勝手に翻訳機が打ち出してくれるので、翻訳できる言語が何カ国語有るのかが重用になります。

契約してからそのソフトに新たに言語を増やすとなるとお金が別途かかるどころか、そもそも想定していないソフトもあるので、新たに別のソフトを買わなければならない可能性が生じます。そうなると社内で予算が下りずにせっかく導入したソフトが無駄になる可能性も生まれます。契約する前段階の商品比較で良く吟味して購入するようにしましょう。言語が多ければ良いものではなく、あくまでターゲットとして試算したお客さんを基準に翻訳可能言語を決めましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *