翻訳会社のサポートを受けて、丁寧なビジネス文書を

島国である日本国内と欧米諸国やアジア諸国とでは文化や社会の成り立ちにも大きな差があるのです。

日本人が外国語を学ぶ時、とても苦戦するのは、そういった理由があるためです。幸いな事に、日本国内で暮らす上では、日本語で事足りるので、外国語が苦手でも、大きなデメリットはありません。ただし最近では、業種や職種に関わらず、国際化の影響を受け始めています。地方の中小企業に勤めていても、海外のクライアントとお付き合いしなければいけません。

英国や米国の方から届いたEメールや注文依頼、こういった物には当然ですが英語で返信する必要があります。もし英語力に自信がなければ翻訳会社に相談してみましょう。翻訳会社にお願いすれば、英文のビジネス文書を速やかに日本語に訳してくれます。本場のビジネスマンが執筆する英文の書類には、しばしば難解や言い回しや表現、欧米諸国特有の単語などが登場しますので、日本人サラリーマンがスラスラと和訳出来なくても無理はありません。

翻訳会社への依頼と相談は、インターネットでOKです。問い合わせや見積もりだけなら無料になっている事が多く、とりあえずどの位時間とお金が掛かるか、質問してみましょう。ビジネスシーンでは、僅かな和訳のミスが取り返しのつかないトラブルになりかねません。せっかく海外のビジネスマンが発注の相談をしたり、大口の商談を持ちかけてくれても、失礼な返信をしてしまったら一大事です。翻訳会社のサポートを受けて、丁寧な英文のメールを返すのがマナーであり最善策です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *