翻訳会社で働くために

語学力に自信のある人にとって翻訳会社で働くというのは天職のようなものでしょう。

ただ、実際には翻訳会社に就職し、翻訳という仕事だけで生活に十分な収入を得ている人はごく一握りです。翻訳文学などの書籍を見ると、そこには訳者が書かれているでしょう。相当に有名な訳者であっても、それだけで生活していくのはなかなか厳しいのが実情です。実際には語学学校で講師を勤めるなどしながら翻訳の仕事もしているというような人が多いでしょう。これは翻訳会社に就職しようとしている人にとって残念に思える話かもしれませんが、現実はさほど甘くはないということです。

ただ、これには逆の面もありますので、決して悪いことばかりではありません。確かに翻訳はそれだけで十分な収入を得ることは難しいものの、一方ではアルバイト的に仕事をするような門戸はかなり広いものがあるからです。語学力に相当の自信があるという人でなくても、特定の分野での実務経験があるような人は、その分野では十分に通用するだけの語学力を持っていることが多いものです。

そういう人は、確かに仕事の分量としては限られているかもしれませんがアルバイト的な収入を得ることはさほど難しくない場合もあります。もちろん本業としての仕事はそのまま続けた上で副収入を得るようなことも可能というか、それが主流ですから、本業に差し支えるようなこともありません。もし興味がある人は翻訳会社のウェブサイトを探してみるとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *