良質な翻訳会社を選ぶには

一言で翻訳会社と言っても、扱う言語や専門分野は様々です。

また、その翻訳会社が信頼できる所なのかというのは、翻訳を依頼する上で重要なポイントになります。翻訳は依頼をすれば終わりではありません。急な字数制限が発生したり、研究対象の進展で翻訳文献が扱っている題材の真偽自体が変わったりと、依頼した時点で決めたことが最後まで有効とは限らないのです。そのようなときに売上優先の翻訳会社では、追加料金が発生することがあります。スタッフの体制によっては、対応できないということにもなりかねないので、見積依頼の時点で急な変更があった場合の対処の仕方を確認しておくべきです。

見積を受ける事務職員と翻訳者がしっかり連絡を取り合っているか、他の翻訳者が協力してくれるようなサポート体制がしっかりしているかで、その翻訳会社が信頼できるかが分かります。また、専門分野を細分化できるということは、それだけその専門分野に関する知識をもっているということなので、取り扱い分野が明確になっていればいるほど、翻訳者への信頼度は高まります。日本語の文献であっても専門用語の解読は困難です。

外国語でその解釈を間違ってしまうと、たとえ文法的に正しくても論文として意味がないものになってしまいます。取り扱い分野は翻訳会社のホームページ等で紹介されているので事前に必ず確認し、見積依頼の際にさらに詳細な話をするとより確実に把握することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *