ビジネスシーンでオフィス対応できる翻訳会社を選ぶ

翻訳会社をビジネスに利用するには、営業ときちんとした打ち合わせが必要です。

翻訳会社は産業分野に特化していて、オフィスへの需要に対応ができるエージェントを選びます。例えば展示会がある際には、複数の国の言語を用いて通訳やパンフレット用の翻訳が必要となることがあります。翻訳会社は通訳エージェントも兼ねているので、通訳も紹介してくれますがここであまり安価な値段を出してくるエージェントには要注意です。

もちろん発注主もその会社のクオリティを見るためにトライアル翻訳をしてもらうのですが、そこで短納期、高品質のアウトプットがされてきたとしても、それはトライアル用に採算を度外視し、いい翻訳者を使っただけで、実際に使う翻訳者はプロのビジネス用途に適さない低品質のアウトプットしかできないこともあります。したがって発注者はオフィスに営業に来た1社だけとオフィスで打ち合わせを行うのではなく、面倒でも複数のエージェントと打ち合わせを同時並行的に行い、見積もりと品質のコストパフォーマンスを考えてどのエージェントを使うか決めた方がビジネス上の成功につながるでしょう。

エージェント選びのコツのひとつは、やはり安値だけで売っているエージェントはそれなりの品質のものしか出せないということです。翻訳会社は星の数ほどありますが、有名なエージェントや大手企業グループの系列だと、しっかりとした品質が期待できます。ただし、例外はあるわけで、営業がいい加減な対応をしていれば大手でも結果は期待できませんし、豊富な知識を持つ営業がうまくコーディネートしてくれたらいいアウトプットが期待できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *