翻訳会社選びはとても重要です

グローバル化の進展やインバウンドの増大に伴って、外国人への対応が必要になるケースが増えてきているといえます。

例えば、外国人客を取り込むために、WEBサイトを外国語に翻訳して公開したり、海外向けのパンフレットを制作するなどです。ここで欠かせないのがテキストを外国語に翻訳することですが、これを自社だけで行うのはなかなか難しいものです。英語くらいならなんとかなるかもしれませんが、中国語や韓国語・ドイツ語・フランス語など外国語はいっぱいあるわけで、それらに対応するにはやはり翻訳会社に依頼するのがてっとり早いでしょう。

一口に翻訳会社といっても実はピンからキリまであり、料金にもかなり幅があります。クオリティはそんなに高くなくてもいいので、とにかく費用を安く抑えたいという場合は、翻訳者マッチングサービスを利用するという手もあります。これは翻訳者とクライアントをネット上で繋げるサービスで、料金が安く翻訳者とダイレクトにやり取りできるのが魅力です。また年中無休で仕事を依頼できるのも便利です。

ただしこのサービスでは、翻訳者の質には当たりハズレがあり、低レベルな翻訳者を引き当ててしまうと粗末な翻訳テキストが納品されて酷い目にあう可能性があります。ハイレベルで安定した翻訳を望むのであれば、やはりプロの翻訳会社に依頼するのが安心です。コストは高くなりますが翻訳品質も高くなります。ちなみに翻訳会社といっても得意・不得意ジャンルがありますから、そこは事前にしっかりリサーチしなければいけません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *