英文Eメールの作業で困ったら翻訳会社に相談を

英語は日本人にとっても比較的なじみ深い外国語です。

義務教育の中でも英語は必ず授業で習うためです。基本的な読み書きであれば多くの方が自然と出来ます。一方で本格的なビジネスメールを英文で構成するのは大変です。普通に日本語のビジネスメールを大事なクライアントに送付するだけでも実際は大変な苦労を伴います。そこに英訳という別の仕事も加わると、担当者の負担は倍増するばかりです。

更に欧米諸国で暮らすクライアントの場合、英語で綺麗に文章を仕上げても、その意味が綺麗に通るかは分かりません。同じ英単語、言い回しでもいわゆる英国と日本国内では受け止め方が想像以上に違っており、日本人からすると特に当たり障りがない文体でも、英国のビジネスマンから見ると失礼に見える、という事例は珍しくないのです。ほんの些細な誤解から重要なプロジェクトにトラブルが起きては一大事ですので、大切な取引先に初めて英文のEメールを送付する際は、社内の人材だけで進めるのではなく、翻訳会社のサポートを上手く活用しましょう。

翻訳会社への依頼は昔に比べて非常に手軽になりました。一度きりの依頼でもOKですし、パソコンメールの和訳や英訳など、比較的短い案件でも平気です。翻訳会社は国内だけでも、非常に沢山の専門会社があります。依頼内容が同じでも依頼先によってコストは変わりますので、余裕がある時は事前にいくつかの専門会社に問い合わせて見積を取ってみるのがオススメです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *