翻訳会社選びで失敗しないために

インターネットの普及や移動方法の発達で、世界は随分狭くなってきました。

それはビジネスの世界においても同様で、いままで国内市場だけを見てきた企業も海外進出しなければいけない状況が迫ってきています。しかし、海外へ初めて進出する際に大きな壁となるのが言語です。日本で業務レベルに英語やその他外国語を扱える人材というのはとても少なく、進出時に企業内にそういった人材がいるということは少ないでしょう。ただ、そんな時に強い味方となってくれるところがあります。それは翻訳会社という翻訳サービスを取り扱っている企業です。

翻訳会社に依頼すれば固定で人材を雇うことに比べればリスクも費用も抑えることができる場合が多くなりますし、品質面でも期待できます。しかし、一方で翻訳会社に依頼して失敗したという話も聞きます。では、失敗しないためにはどのような点に気を付ければ良いのでしょうか。まず気を付けた方が良いのは自分たちの業種に対する経験や知識がある翻訳会社を選ぶということです。

ビジネスではただ単に翻訳のレベルが高いだけでなく、業種ごとの専門用語や言い回しなどに対して意図や意味を間違いなく伝えるためのノウハウが必要となります。なのでできるだけそういった経験が豊富なところを選ぶと失敗が少なくなるのです。またおすすめなのは、発注前に訳文の確認ができる翻訳会社を選ぶということです。数はあまり多くありませんが、依頼したい文書などの一部を翻訳してその品質を見ることができるサービスを提供してくれるところがあります。そういったところを選べば、提出されたものに違和感を覚えることが少なくなるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *