翻訳会社の実情について

外国語を話せる人にとって比較的人気のある就職先が翻訳会社です。

ただ翻訳会社と一口に言ってもさまざまあります。中でも一番多いのはやはり英語から日本語に、あるいはその反対の翻訳をするところが多いです。しかし最近では中国語やフランス語、スペイン語やポルトガル語に翻訳できるところも増えています。さらには韓国語やアラビア語などのマイナーな言語を扱う翻訳会社もあるのです。

一見すると翻訳者の需要が多いため、すぐにでも就職できそうな感じします。ところが翻訳会社の中には翻訳はフリーランスなら外注して、完成したものをチェックするだけといったことも少なくありません。そのためいざ就職したは良いですが、翻訳の仕事はほとんどやらず原稿に不備がないかを見るだけにることもあります。そこで翻訳者として活動したいのであれば、フリーで仕事を受ける方を選ぶのも良い方法です。

また翻訳と聞くと映画の吹き替えや文芸書を頭に浮かべる人も多いでしょう。そしてそのような仕事がしたくて就職する人も少なくないです。しかし実際には行われている大半はビジネス関係のものです。具体的には商品に付属する説明書やパンフレット、または契約書などの翻訳です。そのためかなり専門用語に精通していないと仕事ができないということを肝に銘じておきたいものです。加えてネイティブとノンネイティブであれば、前者の方が重宝されますし、良い給料をもらえる可能性が高いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *