翻訳会社の現状について

調査によると全国の翻訳を業とする会社は約2000社あると言われています。

また、30年以上の歴史のある会社も多く、安定した経営を続けられる業界という事です。既に市場は成熟化して飽和状態になっているという考え方もあり、日本型の翻訳会社の将来を危ぶむ人もいます。日本型の翻訳会社の利用の仕方は、学術文書や公文書を翻訳して論文作成に使用したり、映画の字幕などを作成することが主流でした。

最近は、テクノロジーやIT業界では仕様書を英語で作成するのは当たり前になっており翻訳文書で説明したり、インターネットの世界ではホームページを各国語対応で作成するのは、全世界共通になってきているのです。

新しい形態の翻訳が必要になり、それらを推進する翻訳会社も増えてきました。ある程度知識がないと翻訳できない事項も多く、専門家の翻訳も必要になっているのです。貿易で日本の相手国ナンバーワンになっている中国語の翻訳も需要が多く、専門会社が事業を拡張しています。

ニーズに合わせた対応が翻訳会社にも求められています。そんな顧客のニーズをうまくとらえて仕事の割り振りをするのが翻訳会社のコーディネーターになるのです。コーディネーターが、依頼する会社の思いをどのように取り込んでいくかが問われています。

質が良くネイティブな言語に翻訳するためには、校正段階でのチェックが大切です。翻訳者の技術と依頼者の意向とをどのようにマッチングさせていくかがコーディネーターの役割になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *