翻訳会社に依頼するときの大事なポイントです

外国語への翻訳の必要に迫られたとき、翻訳会社に依頼するのが一般的です。

多くは、料金、納期、実績などのポイントを見ながら依頼先を決めることになります。もちろん、これらの要素の中の一つだけが良ければいいとうわけではありません。たとえば単純に、安いから良いという性質のものではないのです。また早いから良いというものでもありません。

総合的に見てバランスのとれた選び方をわきまえておくべきです。でないと、後悔することとなります。料金に関して言えば、最も安価で済ますのあれば、ネットの無料の翻訳サイトを利用することに尽きます。無料なのですから費用は一切かかりません。ただ翻訳の品質は使いものにならない拙劣な文章が目立つのです。

翻訳会社のサービスを使えば、もちろん無料サイトよりは上質な文章で仕上げてきますが、極端に安い料金のサービスでは依頼した側が失望するレベルの完成度になることは覚悟しておかなければなりません。料金の問題は大切ですが、少なくとも翻訳者だけでなくネイティブによるチェックが行われる翻訳会社を選ぶのが大事です。

納期に関してもあまりに早いというのは手抜きをしている恐れもあるのです。本来チェックすべき項目が飛ばされているかもしれません。翻訳が納品されてから、依頼者の側で修正のために作業をせざるを得ないのであれば、短納期で納品されても意味がありません。

最初から完全な状態で納品してもらうのが、結果的には最もスピーディーになるものです。さらに、大手であるというだけでその翻訳会社に発注するのは、リスクがあります。特定分野や技術関連の専門的ジャンルなどに関しては、中小翻訳会社のほうが向いている事例もありますので、事前にしっかりと検討することが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *