翻訳会社を選ぶのには注意が必要です

翻訳会社と一言にまとめても種類があるのはご存知でしょうか。

簡単に分けてしまえば人が翻訳するものと、AIが自動的に翻訳するタイプがあります。AIによるものは文章量にもよりますが比較的短時間で出来上がるというメリットがあります。しかしながらコンピュータが行うため目的にあった言葉になるかは翻訳会社によります。費用も人に頼むよりも費用を安く抑えることが可能ですが誤った翻訳のままで納品される可能性もあります。

人が行うタイプは担当者の語学力によって精度や値段が変わることがあります。AIとは異なり細かなオーダーを受け付けてもらうことが可能なほか、現地の方言などよりネイティブな翻訳が可能です。ビジネス用語などにも対応してもらうことが出来るという特徴もあります。しかしながら人が行うため納期などが遅くなるなどのトラブルがおきることもあるので余裕をもって依頼することが大切です。

翻訳会社によっては対応できる分野や納期の速さなどによってランク付けを行っていることもあるので、精度の高い翻訳や専門知識が必要な場合にはプロが在中している場所を選びましょう。機密事項が関わっている場合には機密保持契約書を発行してくれる場所がおすすめです。メールや文章の翻訳レベルから特許明細書や契約書、プレゼンテーションなどはもちろんゲームやバイオテクノロジー、医療分野まで様々な専門家がいるので自分にあった翻訳会社を選ぶようにして下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *