翻訳サービスとネイティブチェックについて

インターネットには自動翻訳が可能なウェブサイトがあります。

比較的簡単な文章を英語に変換したい時など便利な翻訳サービスと言えましょう。但し、自動翻訳の場合は、変換が行われた文章の整合性について、正しいものであるのか、それとも修正が必要であるのか、英語力を持つ人でなければ確認が出来ない、翻訳の品質は必ずしも良い、適切であるとは言い切れません。

仮に、翻訳の質が求められる場合には、自動翻訳を行った後に、文章を読み返して正しいのか否かの検証が必要になります。所で、翻訳サービスの中でも品質が高いと言われているのがネイティブチェックが可能な翻訳会社です。ネイティブスピーカーと呼ぶ、母国語を話すチェッカーによる文章チェックを実施するため、適切なものにすることが出来ます。

但し、ネイティブチェックはオプションサービスになっていることが多く、技術文書や専門書などの翻訳を依頼する時に使用する企業が多いのが特徴です。一般的な翻訳サービスは、ネットを利用して依頼が出来るようになっています。メールで原稿を送付し期日になった時点で納品と言う形になります。

原稿は紙をPDFに変換する、ワードなどで作成したファイルを送信するなど、翻訳作業が可能な状態であれば入稿スタイルは問われませんが、ウェブページなどの翻訳サービスではHTMLのファイルを送付することで直接HTMLに記述をした形で納品して貰えることが多いので便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *