翻訳サービスを利用してウェブをバイリンガルに

国内の企業ホームページは日本語が主体になります。

これは日本人ユーザー向けの商品やサービスを提供している企業が多いことからも、言語は日本語のみになっていることが多いわけです。最近ではグローバル化を行う企業も多くなっており、こうした企業が最初に行うのはホームページのバイリンガル化です。

日本語と英語の2か国スタイルで製作を行っておけば、インターネットは全世界のユーザーがアクセス可能なものですから、海外企業担当者などが自社サイトへのアクセスを行った時にアピールすることが可能になります。バイリンガルにする時には、翻訳サービスを利用するのが便利です。翻訳サービスは文字通り原稿を指定言語に翻訳を行うサービスであり、翻訳会社がこれを実現してくれます。

但し、ホームページはHTMLと呼ぶ記述言語で製作が必要になるため、翻訳された文章を後からHTMLの中に記述し直す必要があります。英語の場合は単語ベースで記述をすることになるため、日本語表示できれいに収まっている表組も、英語版にした時に表組が崩れてしまう、コラムを広げなければならないこともあります。

翻訳サービスの中にはHTMLへのコーディングが可能なケースも多くなっており、HTML文書を翻訳者に渡せば、直接コーディングを行って貰うことも出来ます。また、英語やその他の言語に変換した際のハイフネーションなども適切な位置に挿入して貰えるので見栄えが悪くならないなどのメリットも持ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *