翻訳サービスの精度はなぜ上がったのか

AIや人工知能が開発されている今、自動翻訳サービスは、格段に精度が増しています。

人工知能は、自分で考えるシステムですが、翻訳サービスはそのように翻訳結果を考えることはできません。基本は、人間が作ったデータを元に動いています。そのデータの形式が変わることで、正しい翻訳を導き出しやすくなっています。そのデータというのは要するにappleはりんごであり、orangeはミカンやオレンジなどという具体例を大量に挙げたものです。

英語を人間が習った時は規則(ルール)を覚えて、その例外を頭に入れておくという覚え方が英語には適用されていると思います。しかし、その例外を機械に覚えさせるのはとても効率が悪いため、翻訳サービスではいま、itisanappleが「それはリンゴです」のような例文とその対応した翻訳を大量に書いたデータベースが主流になっています。この例文のデータ量でいま翻訳精度が増していますが、人工知能の導入により、規則と例外を覚えさせることも可能になるのではないかとも思います。

人工知能というと将棋やチェスなどのコンピュータ側としてよく見られます。将棋のルール等には規則があり、例外もあります。つまり、人工知能は規則と例外を覚えることに向いているのです。人工知能が翻訳サービスに取り入れられる日はそう遠くありません。今後さらに翻訳サービスの精度が高まれば国際的な交流がさらに簡単になり、外国への旅行も簡単になりそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *