翻訳サービスは有り難い

資源が少ない日本企業に取って海外からの輸入した原料を加工し製品として仕上げ、海外のお客様に輸出する事で会社が成り立っているのが現状です。

従って海外の会社との密なコミュニケーションが必要となります。この為企業の中に翻訳サービスを立ち上げて海外向けの文書作成を専門に行わせる事が必要になります。勿論外部に委託する翻訳サービスの選択肢も有りますが、企業秘密の外部流失を防ぐためにもこの部署を社内に設ける事は必要です。翻訳サービス業務を担当する人材集めも大仕事になります。

英語、ドイツ語、フランス語の専門家で有れば募集すれば必要人員は集まる可能性が有りますが、それ以外の言語を如何に対応するのかも問題になります。更に単に言語が出来るだけでは正確に相手側に通じない可能性が有ります。技術的な表現方法特に技術的な専門用語の勉強も必須条件になって来ます。会社内のトレーニングで翻訳サービスの担当者のレベルアップを行い更にこの翻訳サービスの部署が軌道に乗れば海外からの原料調達に関して更に安価な材料調達先等を探す事も可能になり大きく会社に貢献して来ます。

海外向け販売活動に関しても単に会社の技術力、販売力の説明のみならず、競合他社との利害得失の説明を行いながら競争に勝ち抜く事も可能になります。同部署の人材に関しても日本人のみならず海外からの留学生の採用も選択肢の一つです。彼等は将来現地での会社の責任者になってくれる可能性も有ります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *