翻訳サービスの本当の使い方

翻訳サービスは外国の人とコミュニケーションをとるときに相手の言語が分からない場合に使うとても便利なサービスですが、そういう時に翻訳サービスを使ってはいけません。

ではどういう時に使えばいいのでしょうか、その答えは簡単です。まず外国人と話す時には絶対使うのを避けましょう。なぜならコミュニケーションというのは元々相手から得た情報を元に頭の中で自分の考えを確立させ、相手に伝えるからです。というのも人は言葉だけで相手に情報を伝えているわけではありません。実は顔や身振り手振りにも多くの情報が含まれています。悲しかったときは悲しい表情をして、嬉しい時には嬉しい表情やジェスチャーを行います。

たくさんジェスチャーを使えば使うほど言葉の必要性は少なくなります。したがっていちいち翻訳サービスにコミュニケーションの通訳を任せる必要はありません。ではどういう時に使えばいいのでしょう、それは様々な言語の勉強をしている時です。なぜかというと言語の勉強自体に相手は必要ないしそもそも勉強で会話自体を行わないからです。

そして翻訳サービスの便利な部分に音声を流してくれるという利点があります。これは相手と会話する際にはスペル以上に大切なものです。この音声は今は殆どの通訳サービスに含まれています。なので翻訳サービスを使う必要があるのは言語の勉強をしているときだけなのです。会話をしているときはしっかりとジェスチャーをとればこのサービスを使う必要性はありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *