翻訳サービスを利用するときのポイント

IT技術の進歩により、ロボットによる翻訳は進化を続けていますが、翻訳の精度や完成度のことを考えると、まだまだ人間による翻訳のクオリティーを超えられてはいないのが現状です。

プライベートの翻訳であれば、制度は大きな問題になることはないのかもしれませんが、ビジネスの現場においてはそうもいきません。例えば、契約書の翻訳などを考えてみても、万一その制度に問題があれば、大きな損失につながるリスクも有り得る話です。このように、ビジネスや学術分野での翻訳は当然ながら質が求められます。自社に語学に精通した専門家がいない場合には、外部の翻訳サービスを利用することは有効な選択肢の一つです。

翻訳サービスを提供してる会社は国内にもたくさんありますが、そのサービスの質や価格は会社ごとに大きく異なります。ここで問題になるのが翻訳サービスを利用する際の会社選びとなります。「スピード」「品質」「コスト」は翻訳サービスを選ぶ際のキーワードです。

品質に関しては、語学力以外にもそれぞれの分野に精通した担当者かどうかをしっかりと確認する必要があります。例えば、自動車関連、医療関係、芸術関係など翻訳者のプロフィールをしっかりとチェックしてみてください。翻訳会社の中には、ある翻訳者が翻訳した内容を複数の担当者がチェックし、より制度の高いものを提供してくれるところもあります。チェックの担当者にはネイティブも含まれているのが理想的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *